ひとりで行くオーストラリア ケアンズ篇 ③ ケアンズ一押しの人気のツアー

こんにちは、たまこです。

ちょっとしんどいかも知れないけど、いい思い出になるツアーをご紹介しま~す。私もとても思い出に残っているツアーです。

スポンサーリンク

ラフティング

ラフティングというのは、ゴムボートに乗って5人から7人くらいで急流や激流を下るスポーツです。乾季は水量が少ないようなので避けた方がいいかもしれません。

ツアーは、ケアンズからタリー川かバロン川に行きますが、今回はタリー川のツアーについてご紹介します。
スタート地点までは、ケアンズから車で2時間半ほどで掛かります。バスの中でスタッフからツアーの説明がありますのでしっかり聞いておいてくださいね。

スタート地点に到着すると、そこで着替えて準備します。ちなみに着替える場所はありませんので、その辺の木陰で着替えますよ~。なので、水着は最初に来ていた方がいいですね。そして日焼け止めは、顔は勿論ですが、腕や足にもつけておいてください。長い時間パドルで漕ぐので、短パンだと足も焼けてしまいますので。

準備ができてボートに乗り込むと、ガイドからパドルの使い方や掛け声などについて説明があります。急流ではみんなが息を合わせて右に移動したり、左に移動してボートを傾けて岩を交わしたりしないといけなので、みんなの協力が必要なんです。最初は緊張しますけど、すぐになれますので大丈夫ですよ。

最初から結構な急流なので、私はかなりビビっていましたが、徐々に慣れて楽しくなっていきました。流れの緩やかなところでは、みんなで泳いだり、ちょっとした崖のようなところからボートで下るのですが、その時はみんなボートから投げ出されます。びっくりしますが、それもアトラクションのようで楽しいんです。

ランチはBBQ(バーベキュー)で、フルーツや飲物も用意されていて美味しかったですよ!

午後のラフティングが終了すると、再びバスでケアンズに戻ります。バスの中はとても寒いので着替えを忘れずに持って行ってくださいね。

スポンサーリンク

ダイビングツアー

ケアンズからは様々なダイビングツアーがありますが、日帰りツアーから2泊3日のツアーが人気です。ダイビングのライセンスが無い場合は、ツアーの内容を見て「体験ダイビング」と書いてあれば、潜ることができますので、確認してみてくださいね。

ダイビングはちょっと。。。という方は、是非シュノーケリングでグレートバリアリーフを体感してみてください。折角グレートバリアリーフに来たのですから、地球の神秘をのぞいてみてください。ここで人気の魚や動物は、ウミガメマンタそしてナポレオンフィッシュです。ナポレオンフィッシュはアオブダイに似ていますが、別の魚ですよ。

私は、ライセンス取得とダイビングツアーが一緒になっているコースに参加しました。ライセンスの教科や実技はスクールで勉強して、仕上げにダイビングツアーに行きました。ツアーは2泊3日でした。船で1日かけてアウターリーフまで行ってそこでダイビングの実技試験がありました。

私がちょっと怖かったのはナイトダイブでした。グループごとに分かれていて、潜る前の打合せをしている最中に、私だけスタッフに急に連れていかれて海の中に投げ込まれたんです。え?なになに?っていう感じで軽くパニックになっていたらそのあと次々とスタッフが飛び込んできて、嬉しそうにしばらくの間 夜の海を漂っていました。

こんな感じで始まった私のナイトダイビングは、グループでの打ち合わせをろくに受けずに始まってしまったので、とてもドキドキしました。真っ暗な海中で、見えるのは頭に付けたライトで照らされた一筋だけ。常に周りを見ていないと何がいるか分からないという怖さと、ミッションをやり遂げることができないとライセンスが貰えないのでそのプレッシャーもあって、夜のダイビングを楽しむ余裕はありませんでした。なんとかコンパスを使って、目標の所まで行って帰ってくるというミッションはクリアできたものの、もうクタクタでした。

翌朝は気持ちよく目が覚めました。しばらく船の上から、景色に見とれていると、シェフが何やら持ってきてくれました。ケーキです。私の誕生日だったんです!わざわざ焼いてくれたそうです。昨日海に投げ込まれたのは前祝いだったのでしょうか。。。未だに謎です。

ということで、ちょっと長くなってしまいましたが、少し長い休みが取れる方は、ライセンスを取ってダイビングツアーに行くことも出来ますよ。世界的に人気のあるグレートバリアリーフで実技が出来るなんて最高ですよね。

まとめ

ケアンズは、オーストラリアの大自然を体で感じられるところです。ここで自分にはちょっと無理かなと思ったことにたくさん挑戦してみたのですが、これがあとあと自分の自信になっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする