ひとりで行くオーストラリア パース篇 ① 絶対押さえておきたい絶景ポイント

こんにちは、たまこです。

世界一綺麗で住みやすいと言われるパースをぶらぶら散歩してみましょう。とっても素敵な街ですよ。

そして、海の様子が東側と違うんです!

スポンサーリンク

憩いの場 キングスパーク

パースの市街地から無料のバスで行くことができます。いつもきれいに整備されていて、400haもあるとてつもなく広い公園です。

ここは市民の憩いの場になっていて、ウォーキングをしたり、ゴロンと横になったり、みんなそれぞれ楽しんでいます。また、この公園には自然のままのブッシュがあるので、野生のククバラ(ワライカワセミ)オウムを見ることができます。ククバラ(ワライカワセミ)って鳴き方がほんとに笑っているみたいなんですよ!

公園内にはボタニックガーデンもあって、西オーストラリア特有のワイルドフラワーを見ることができます。特に9月、10月ごろが見頃です。この時期にはワイルドフラワーのツアーもありますよ。私もツアーに行ったことがあるんですけど、と~っても良かったです。ワイルドフラワーって意外と小さい花が多かったです。ツアーについては後日ご紹介しますね。

こちらで人気があるのは、公園の中心部にある戦没者慰霊碑からの眺めです。左手にパース市街地のビル群があって、下にはスワンリバーが見えます。このコントラストがいつ見てもとっても素敵なんですね。夕景や夜景もまたいいんですよ~。デートスポットになっています!!。

スカボロビーチ

このビーチは市外からバスで行ける人気のビーチです。私が初めてスカボロビーチを見た時とても驚きました。もちろん海の綺麗さにですが、シドニーやケアンズとは違う真っ青な海の色に驚いたんです。シドニーやケアンズは太平洋に面していて、す明るい緑がかったコーラルグリーンです。でもここパースのビーチはインド洋なので、真っ青なんですね。しかも空もきれいで吸い込まれるような青なので、空がとても高く感じました。

ここは波が荒いのでサーファーに人気があって、世界からサーフィンやボディーボードをしに集まってくるんですよ。ただし、西オーストラリアではサメの被害も報告されていますので、海に入る際は十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

フリーマントル

パースから電車で30分ほどで行けますので、こちらも人気があります。フェリーだと、スワン川を下って1時間ほどかかります。時間はかかりますけど、のんびりとクルージングを味わえますので、私はフェリーで行くのが好きです。

フリーマントルは、アメリカズカップというヨットレースが開催されたことで有名になったので、知っている人も多いと思います。

駅前には「カプチーノ通り」と呼ばれるレトロな雰囲気が素敵なカフェが並んでいて、思わず入ってみたくなりますよ。行くなら、金曜日から日曜日がお薦めです。フリーマントルマーケットが開催されますので、沢山の露店が出ます。お土産物がきっと見つかりますよ。小さな町なのでのんびり歩いて回ってみてください。

そして見どころですが、観光客に人気なのは、旧刑務所ですね。世界遺産に指定されています。こちらは、なんと1991年まで使われていたんですよ~!!中を見学することができます。

まとめ

パースは、住みたい都市の上位にいつも入るところです。気候はとてもいいし、景色も空気もきれいです。そして人も優しいんです。

こんなことがありました。私はブリスベーンから乗ったバスで隣に座った女性がパースに住んでいる方でした。いろいろ話をしているうちに私がまだ宿の予約をしていないのを知ると、心配してうちに泊りなさいと言ってくれたんです。勿論断ったのですが、とても心配してくださってとうとうお世話になることになったのです。ここから私のパースの旅が始まったのですが、ほとんどの方が優しくて感謝、感謝でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする