ひとりで行くオーストラリア 地球のおへそ・エアーズロックとは

こんにちは、たまこです。

地球のおへそ!オーストラリアのほぼ真ん中にど~んとあるエアーズロックをご紹介します。

スポンサーリンク

正式名称が変わった?

エアーズロックは、アボリジニが1万年前から住んでいたと言われていて、アボリジニにとって最も重要な聖地です。現在も聖なる岩として大切にされているんですよ。

1995年に「エアーズロック」は先住民の呼び名「ウルル」に、「マウントオルガ」も「カタジュタ」に変更されたんです。理由は、アボリジニの文化や考え方を尊重する動きが高まって来ていたからだそうです。なんと現在はアボリジニがエアーズロック周辺の土地を政府にリースしているんです。

世界遺産の巨大な一枚岩

エアーズロックが、一枚岩だということは結構知られていますが、高さはどのくらいあると思いますか? なんと348m、東京タワーより高いです。

地上に出ている部分が全体の5%くらいと言われているので、全体ではどれほど大きいのか想像するとすごいですよね。さらに、近くにあるマウントオルガともつながっているとも言われています。どんだけ、地中に埋まってるんですか~!?

スポンサーリンク

エアーズロックに登る

エアーズロックは簡単に登れると思っている人もいるようですが、結構大変なんですよ。靴や軍手など必要な装備を忘れずに持って行ってくださいね。それと水は必需品です。

それと、エアーズロックは普通の山のように雨でも登れるわけでは有りませんよ~! 雨が降って岩肌が濡れていると登れません。雨が降りそうでも登れません。風が強い日も登れません。そして、その日の予想最高気温が36度以上になると登れません。その日に登れるかどうかは、登山口の看板見に行くまでわからないんです。

エアーズロックは名前の通り岩なので、土ではないんです。ですから転んだりするとかなり痛いんですよ~。登りの3分の1くらいまではかなり急な斜面で、につかまりながら登るんですけど、斜面がきつくて、私は途中でやめようかと何度も思いました。でも周りの人に励まされて何とか上まで登ることができました。上まで行くと平坦になっていて、風がとても気持ち良かったです。

なお、アボリジニはこの聖なる岩を観光客が登ることをよく思っていないので、それを知って登ることを断念する人も増えてきています。

エアーズロックリゾート

エアーズロック空港からバスで10分ほどの所にあります。
こちらにはホテルやレストラン、ショッピングセンターがあって、郵便局や医療センター、ランドリー、お土産物屋などなど、何でもありますねぇ。

バックパッカー用のドミトリーもあります。1室20人または1室4人のタイプがあって、20人用は男女別ですが、4人用は男女混合です。他のバックパッカー用の宿泊施設に比べると、お値段が高めなので予算は余裕をもってプランを立ててくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
エアーズロックは、どこまでも続く真っ赤な砂漠の大地に青い空のコントラストが圧巻です。大地がほんとに赤いんです。砂漠なんだけど全く植物が無いわけではなくて、あちこちに草のような低木が生えていて、散歩するのも気持ちいいですよ。夏は一日中かなり熱くなるんですど、冬は朝晩冷えるので、上に羽織るものをお忘れなく。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする