緊急事態宣言後も不安な心で通勤しかない会社員!

みなさん、緊急事態宣言をどのような気持ちでお聞きになりましたか?

個人で仕事をされていたり、リモートワークの環境が整っている人にとって見れば、今さら通勤で悩むなんて考えられないかもしれません。

でも、そうではない多くの会社員にとっては深刻です。。。。

スポンサーリンク


緊急事態宣言にも関わらず満員電車で通勤する恐怖!

世間では、『ステイホーム』『不要不急の外出はしないように』と声高に叫ばれています。そんな中でテレワーク環境のないサラリーマンはどうしたらいいのでしょうか。

皆さん恐怖を感じながら通勤しているんですよね。自分が感染する恐怖もあるのですが、私個人としてはそれと同じかそれ以上に家族に感染させてしまうことの恐怖がとてつもなく大きい。

自分に出来ること

自分に出来ることと言えば、勿論外出しないことが一番ですが、会社員はそうはいきません。

なので、通勤時間をずらす。これは、遅くするのは難しいかもしれませんが、早くして多少空いているのであればそうしたほうがいいですよね。帰りも仕事が終わったらすぐに帰るとか、少し遅くするなどして調整するくらいでしょうか。

後は、マスクをする。手洗い・うがい。当たり前に言われていることですが、大切なことですよね。

マスクがなかなか買えない状況もあると思いますが、ネットで探すとハンカチでマスクを作る方法なんかも出てきますので、参考にしてみてください。

縫わずに簡単!ハンカチを使ったマスクの作り方って?

科学者の中には、政府もNHKや民間の放送局も煽り過ぎという声もあります。確かに煽られているのかもしれませんが、今の時点では治療薬もワクチンもないのですから、それなりのシナリオを想定しておく必要はありますよね。

例えば、自分が感染したとき、又は最悪のの事態になったとき、子どもはどうなるのか。年老いた両親はどうなるのか。などなど。

でも、そんなことを考えると無限のループにハマってしまうので、感情的にならずに、まず必要なことを書き出してみるのはどうでしょうか。

書いていると、何が必要なのか見えてきます。そうすると、やることがはっきりして気持ちが落ち着きます。

スポンサーリンク

政府・自治体・事業者・会社員はどうしたらいいのか

政府は

政府は緊急事態宣言を出しました。しかし、これだけで解決するとはだれも思っていません。国は地方自治体にバトンを渡し、『後はお願いします』でいいのだろうか。

緊急事態宣言の後、私たちの身の回りで、これまでと何か変わりましたか?

緊急事態宣言が出た翌日の通勤風景を見ましたか? 少なくとも会社員にとっては何も変わっていないですよね。通常通り会社に行って勤務しています。

普通に通勤している会社員は何も感じていないのでしょうか。いやいや、みんな恐怖と戦っています!! 自分が感染する恐怖。家族や大切な人へ感染させてしまう恐怖で押しつぶされそうなんですよ。

会社は

会社はどうするべきなのでしょう。

勿論会社は利益を追求していますので、活動を休止するわけにはいきません。

ですが、このままでいいとは誰も思っていないはずです。

この新型コロナウィルスが落ち着いたとしても、その後もまた発生するでしょう。そのためにも社員の働く環境を早急に整える必要があります。

環境というのは、通勤する環境からテレワークの環境へ変えることです。徹底的にネット環境を整えて、今回のような非常時には、全員がその環境で仕事ができるように変えていかなければ、この先は厳しくなるという事です。

何が必要なのか

とは言え、これを全て会社に負担させることは出来ませんので、国・地方自治体・事業者・そこで働く人が協力して通勤する環境からテレワークの環境へ変える必要があり、急務になっているという事です。

最後に

この新型コロナウィルスのことは、私たちに何をもたらすのでしょうか。

これまで当たり前のように会社に行って仕事をこなし、終わると家に帰るという仕事の在り方が大きく変わっていく節目になっていくと思われます。

これからは、個人で考えて行動することが求められていく時代になりますね。誰にでも出来る仕事はAIやロボットがやるようになります。

ですから、新しく出てくる仕事も沢山あるという事です。楽しんでいたらそれが仕事に変わるなんて人も沢山いますよ。

それでは、今日はこの辺で。

スポンサーリンク