自分の限界って知ってる?超える方法って?

自分の限界って誰でも考えたことがあると思うんですけど、あなたはどうですか?
「これ以上無理~」とか、思ったことあるんじゃないでしょうか。私もあります^^
今回は限界って思った時のことについて書いてみました。

同じ内容で、YouTubeでも発信しています。URLも貼っておきましたので、作業しながら聞いていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

自分の限界って知ってる?

自分の限界ってある程度わかります。

私たちは長年の経験などから無意識のうちに自分の限界を作ってしまっているんですね。
これを超えるには、意識的に壊していかないと出来ないと思っています。

壁に当たったときって、思考停止しがちですよね。もう無理~!とかもう考えたくないとか。他の事をして気を紛らしたりとかね。

でも、しばらくすると流石に何も進まないことについて考え始めます。何が問題なのか、どういう方法があるか。

その結果どうるか!

結局堂々巡りして時間だけが過ぎてしまったりします。

じゃ、どうしたらいいの~~!

人に聞いてみるってどうですか

自分の中でグルグルしてしまって、もうどうしたらいいか分からない、こんな時、人に聞いてみるのはどうでしょうか。

何故かっていうと、自分で考えるという事は、経験した中から考えていますので、同じような考えで堂々巡りになってしまうんですよね。

頭の中がグルグルしている時って、人に聞くという事を意外と思いつかないんですね。

かくいう私も、人とコミュニケーションをとるのが苦手なので、ここはとてつもない壁です。ただ、人って頼られると、どうにかしてあげたいと思うんじゃないでしょうか。なので、どんどん相談してみるってとてもいいと思いますよ。

お互いにとってwin-win

何よりもいいなと思うのは、相談された相手にとっても、感謝されながら、新しい発見があったりして実はとても有益なことが多いんです。

限界を超えて、自分の宝物になる

どうして自分の限界について書こうと思ったかというと、私の限界って言うのが、とても低いんだなぁっというのを感じたからなんですね。

最近キンコン西野さんのYouTubeやボイシーをよく聞くんですけど、もちろん西野さんと比べているわけではなくて、西野さんに丸投げされた大学生のとてつもないと思われた挑戦を見せられて、人間てこんなことが実現できるんだと感動したからです。

その大学生は西野さんの絵本の個展をパリのエッフェル塔でやったときに、その責任者として任されました。丸投げです。でも、どうしてその大学生が任されたかっていうと、自分で西野さんのところに飛び込んでいったんです。

この大学生は個展なんてやったこともなかったそうです。でも、周りには一生懸命支えてくれる仲間がいました。その仲間のことを一生懸命考えて行動した結果大成功したんです。

この大学生は経験という一生ものの宝物をもらったと思います。西野さんに自分から個展のことを聞きに行っていなければ、実現しなかったことです。そして限界を超えたからこそできたんですよね。その時彼に限界ということを考えていたかどうかは分かりませんが、限界を意識してしまったらそこで止まっていたと思います。

自分の限界の低さは甘え?

私は、自分の年齢や、金銭的なことを理由に、相当低い限界を作っています。怖い、出来ない。これ甘えなのかな。。。そんな気がしました。

ホントに切羽詰まったら人間てこんな流暢なことを言っていられないくなるんじゃないかと思いました。

新しい挑戦をしよう!

なのでですね、40代、50代、60代でも何かまだまだ出来るんですよ。私もね、何か役に立つことがあればどんどんやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

昨日のYouTubeでしゃべったんですけど、最近Twitter始めたんですね。正確には新しいアカウントを始めたんです。っていうのは私はアクセサリー職人なので、そっちのTwitterがあったので。

ま、それはいいんですけど、その新しく作ったアカウントで、自分にとっての新しいチャレンジをしています。それは、沢山の人とコミュニケーションをとって、フォロワーさんを増やしていくというものです。1ヶ月で1000人です。

色々な方がいるんだなぁって今さらですけど気づいたし、コミュニケーションをとるのが楽しいです。

最後に

この動画は、副業のススメについてなのに、副業について全然言うってませんね。でもね、Twitterでフォロワーさんが沢山いると、副業にもいいんです。なので、Twitterおススメなんです。

私はYouTubeも始めたばかりです。まだまだ全然ダメですが、どんだけダメかよかったら覗いてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする