副業にチャレンジすることをススメします!

副業に興味を持っている方は、今すぐに行動することをおススメします!

これから世の中はどんどん変わっていきますので、仕事が一つだけというのもリスクになるかもしれません。

スポンサーリンク

副業に興味があれば、今すぐチャレンジ!

周りにも副業を始めた方が多くなってきたのではないでしょうか。
副業に興味があるなら、今すぐチャレンジしてみてください。

興味はあるけど、何から始めたらいいか分からないという方に書いていきたいと思います。

なぜ副業したほうがいいのか

この記事を読んでいる方は、今の仕事以外に収入が欲しいと思っているんじゃないかと思います。

それは、なぜですか?

・将来が不安
・収入が足りない
・定年後の生活の不安
・仕事がこの先もあるのか、会社がどうなるのか不安

などなど色々あると思います。

こういう不安をお持ちの方はとても多いんですね。

今がチャレンジする時!

なので、安定した収入があるうちに、色々と試してみてほしいんです。

【その理由は】

・人生100年時代と言われていて、定年後貯金だけでは暮らしていけなくなる可能性がある
・退職してから、副業を始めてもすぐに収入になることはほどんどない。
・今世の中がどんどん変わってきて、仕事が変わってくる
・事務作業などは、AIやロボットが代わりに仕事をするようになる
・今まであった仕事では収入を得られなくなるかもしれない

あなたも耳にしたことがあるのではないかと思うのですが、10年後の仕事は今とは全然変わっているだろうと言われていますね。

例えば、事務作業やタクシードライバーの仕事はなくなるんではないかという事です。

なので、今のうちにぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

副業で収入を得るために

まず最初は失敗します。

最初からこんなことを言って申し訳ないのですが、皆さん最初からすぐに収入が発生することはほとんどないと思ってください。

ただ、失敗と書きましたが、実際は失敗ではなくて、次のステップの大事な経験になっていきます。

なので、ぜひぜひ今のうちにたくさん失敗して、自分のやりたいことを探してください。
私がどうやって探したかは、別の記事で書いていますので、そちらを参考にしてくださいね。

副業したいけど、何をやったらいいか分からない!

どんな副業があるのか

「副業」で検索すると、たくさん出てきますので、一度検索してみてくださいね。
例えば、人気の副業ランキングというのがあるので、見てみますね。

そうすると、どんなものが出てくるかというと

・データ入力
・看護師
・エンジニア
・経理
・英語を使う仕事

などなど沢山出てきます。

これ見てどうですかね。イメージしていた副業と違うという人もいるのではないでしょうか。

何か、どれも仕事の延長のように見えてしまいます。定年後になっても出来そうでしょうか。

おススメの副業は?

私がおススメしたいのは、ずっと続けられて、出来れば資産として残るものです。

例えば、ブログを書くというのはどうでしょうか。これなら時間があるときに家で出来ますよね。ブログを書いて、その記事に広告を貼ると、その広告を見たり、その広告から購入された場合、広告費が支払われます。一回書いた記事はずっと残りますので、読んでくれる人がいる限り広告収入になり、資産になるという事です。

私はアクセサリを作っているのですが、そのことについてブログに書くという事も出来ます。

ただし、広告を貼るためには審査がありますので、ある程度ブログの記事数が必要です。(ブログの書き方や始め方については、また後日説明したいと思います。)

また、書くのが苦手という方は、動画を配信というの手もありますよ。人気のYouTuberです!

試してみる

あなたは、忙しいしそんな時間は無いというかもしれません。

でも、隙間時間を探してみてください。通勤時間やお昼休みなど、これならだれでもありますよね。その時間に検索したり、本を読んだり、プランを考えたりするだけでも、次の段階に進んでいるという事です。

安定した収入があるうちに、出来るだけたくさん試してみてください。

何もしなかったら、何も変わりません。そして、失敗を恐れないでください。

ただし、高額のセミナーやコンサルティングはおススメしません。詐欺まがいのことが多いです。今はネットで検索すると無料の役に立つ情報がたくさん載っています。先ずは無料で試してください。

会社のベネフィットを利用する

副業の情報を見ていると、そちらに全力を注ぎたくなる人もいるかもしれません。でも、それで会社を辞めるのは、もう一度よく考えてからにしてくださいね。

安定した収入があるという事は、とても素晴らしいし、会社というのは、沢山の知識を得るし、人に会う機会もあります。何より、必要な教育のための費用も出してくれます。個人で仕事をする場合は、全て自分の負担になるという事です。

ただし、健康を害してまでそこにいる必要はないので、その辺の判断は慎重にしてくださいね。

最後に

今回はざっくりとした概要について書きました。
これからもっと細かいところの説明も書いていきたい思いますので、また見に来ていただけるとうれしいです。

動画も配信していますので、良かったらチェックしてくださいね。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする