『アフターコロナ』とは、どんなことが起こるのか、学校は?仕事は?

アフターコロナという言葉を聞くようになりましたね。アフターコロナとはいったい何なのか。どういう世界なのかを探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

『アフターコロナ』とは

最近よく聞くようになったアフターコロナですが、どういう意味なのでしょうか。

アフターは『後』という意味ですよね。

なので、直訳すると『コロナの後』。つまり、新型コロナウィルスで起きている沢山の混乱が収束した後どうなるのかという事です。

新型コロナウィルスの爪痕と産物

現在は新型コロナウィルスが拡大している真っ最中ですが、今回の事ではこれまでにない変化が起こりました。

航空会社やホテル、観光地などの観光業やエンターテインメント、そして飲食業も大打撃を受けていますね。このことが経済に与える影響を考えると恐ろしいほどですよね。

また、私たちの衛生管理意識も変わりました。昨日電車に乗ったとき、乗客の9割はマスクをしていましたし、電車が空いているところでは人と人との間隔を取っているように見えました。こんな光景はインフルエンザの時期でさえありませんでした。

これは、日本だけでなく世界的に変わったと言っていいのではないのでしょうか。

そして、私たちの日常的に関係あるものの代表として、学校の休校仕事のリモートワークもありました。リモートワーク自体は新しいことではありませんが、これほど多くの会社や個人がリモートで仕事をしたのは、初めてですよね。

このことは、多くの人にとって良い気付きにもなったし、それが出来るという事の証明にもなったと思います!

これから、学校の在り方、仕事の仕方が大きく変わっていく一歩になったのは間違いないですし、そういう意味では、この新型コロナウィルスは世界に変化を与える大きな出来事になりました。

『アフターコロナ』

アフターコロナと書きましたが、この新型コロナウィルスの終息がいつになるか分からない状況です。なので、私たちは、この状況を良い方向に転換していくことを考えていかなければなりません。というのは、たとえ終息したとしても、また同じようなことが起こる可能性があるからです。

インフルエンザウィルスもそうですが、ウィルスは変化していくことは知られています。ということは、また新型で強力なものが出るかもしれないという事です。これは脅しているわけではないですし、私たちは今回のことを教訓に備えていかなければいけませんよね。

アフターコロナ、学校は!仕事は!

それでは、学校や、仕事はどう備えればいいのでしょうか。

これは、様々な意見があると思うので、皆さまが自分のこととして考えることが大切だと思っています。

今回のように外出がままならない状況で個人が出来ること、組織などのグループで出来ること、地域で出来ること、様々です。

スポンサーリンク

学校は、どうすればいいのでしょうか。

授業であればタブレットなどが活躍しそうですよね。既に使っているところも多いと思いますが、AIが進んでいけば、問題をその子のレベルに合わせて出題してくれたり、採点してくれたりもできるようになるようですので、期待したいですね。

会社は?どうする!

会社も今回は随分多くの会社がリモートワークを実施できたようですので、日常的にできるように対策を進めるべきだと思います。勿論全員がリモートワークをするの難しいと思いますが、それでも今回のように会社に行くことが出来ないことを想定して対策をすることが必要ですよね。

最後に

今回の新型コロナウィルスの影響は、私たちの生活を大きく変えるきっかけになると思っています。

この変化を少しでも良い方向に変えていけるようしたいものですね。

それでは、今日はこの辺で。

スポンサーリンク