緊急事態宣言が出たらどうなるのか!都市封鎖との違いは?会社行っていいの?

いよいよ緊張が増してきた感がある新型コロナウィルスですが、安倍首相は緊急事態宣言を本日4月7日に発令することを決断しましたね。

今後どうなっていくのか、サラリーマンは会社に行くのか行かないのか、買い物はどうするのか。気になることが山盛りです!

スポンサーリンク


そもそも緊急事態宣言とは?

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づいて出されるものですが、あくまで「要請」であって、罰則がありません。また、補償規定もありません

要請ってことは、サラリーマンは会社に行くのか行かないのかの判断は、会社によるってこと??? いいの、これで!

今回の新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言のポイントをまとめると:

・対象は7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)
・期間は4月8日から5月6日の1ヶ月ほどを予定

緊急事態宣言と都市封鎖(ロックダウン)どう違うの?

都市封鎖(ロックダウン)の場合は、強制的に移動が規制されて、罰則が付きます。欧米で実施されたのがこの都市封鎖(ロックダウン)です。

緊急事態宣言は、対象地域の知事が期間と区域などを指定して、外出などの自粛を要請することが出来るというものです。

スポンサーリンク

緊急事態宣言の期間に出来ること、出来ないこと

【出来ること】

・食料品・薬・燃料などの生活必需品を買いに行くこと
・医療機関への受診
・銀行へ行くこと
・健康のために家の近くを散歩したりすること

【出来ないこと】

・大人数が集まるイベントの制限または停止
・劇場・観覧場・映画館などの床面積1000平方メートルを超える施設の使用の停止

床面積1000平方メートルを超えていても、百貨店などの生活必需品の売り場は対象外となるそうです。

出来ないこと書きましたけど、これも、指示ではなくて要請に留まっているんですよね。

『特に必要があると判断される場合は、停止を指示することもできる。』とありますが、罰則はないですね。

サラリーマンは緊急事態宣言の期間中はどうするの?会社に行くの?

え!!結局、サラリーマンは会社に行くの?行けないの?

労務の専門家によると、

現時点では、「緊急事態宣言」は、「ロックダウン」のような強制力はなく、あくまで「要請」とどまる。したがって、企業の労務管理上の対応について、原則として、直接的強制的な影響はないように思われます。

引用元:ぎょうせいオンライン

ということですので、やはり会社の判断に依るんですね~!!!!

自粛要請をするのであれば、その間の保障もセットにしないと無理なお願いです。
というのが私の率直な感想!

最後に

流石に、1ヶ月の自粛で会社をクローズしていたら、日本の経済に大きな打撃を与えますね。これまで何とか持ちこたえていた中小企業も危なくなっていきます。先の見えない恐怖は、私たちの気持ちをより一層暗くしてしまう可能性があります。

そして、この状態を長引かせることは、これまで頑張って頑張って何年もかけて作ってきた会社を潰してしまうということ。これは、日本にとって大きな損失です。何とか救済措置を早急に実施してほしいところです。

それでは、今日はこの辺で。

スポンサーリンク